スポンサーサイト

  • 2016.07.01 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    万田アミノアルファプラスの効果と使い方|秋冬の野菜や植物は?

    • 2015.12.07 Monday
    • 23:02
    万田アミノアルファプラスのような肥料を使って効果が出るのは、春先や初夏だけではありません。

    むしろ秋冬にもどんどん使って野菜や植物を育てたいものですね。

    10月や11月に植え時の野菜や果物などの植物には、いちご、エンドウ、ラディッシュ、ごぼう、ほうれん草、タマネギ、チューリップ、葉牡丹などがあります。

    万田アミノアルファプラスの秋冬の使い方

    中でも“ほうれん草”は、短期間でも収穫できるのでオススメです。

    また、この時期は、寒さに強い葉牡丹も育てやすいですよ!
     
    【ほうれん草の栽培方法】

    ほうれん草栽培のポイントは、ほうれん草は多湿に弱いので、水やりや土壌の水はけに注意すること!
    1. 日当たりや水はけのよい場所を選び、種を1cm程度の深さに筋蒔きします。
    2. 種を蒔いたら土をかけて覆土し、手で軽く押さえてから1000倍に薄めた万田アミノアルファプラスをたっぷりと与えます。
    3. 約1週間ほどで発芽したら3cm間隔に1本<らいに間引きし、丈が8cmほどになったら5〜8cm間隔に間引きします。
    4. 種まきから2ヵ月ほどで収穫できます。丈が20cmくらいに育ったものから随時収穫します。

    【葉牡丹の栽培方法】

    葉牡丹の栽培のポイントとしては、耐寒性が強いので特に防寒作業は不要ですが、強い日差しを浴びると色づきが悪くなることがあるので注意しましょう。水やりは上が乾いてから行いましょう。
    1. 苗は、水はけのよい肥沃な土に10cm〜30cm間隔をあけるように植えつけます。
    2. 植え付けた直後は根がしっかり付<までたっぷりと水を冠水します。
    3. 育成期は土を乾燥気味に保つようにし、表面が乾いたら控えめに1000倍に薄めた万田アミノアルファプラスを適宜かん水します。

    いずれも液体肥料は、発芽後もしくは苗を植えつけた日から1〜2週間おきに散布しましょう!

    スポンサーサイト

    • 2016.07.01 Friday
    • 23:02
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      万田アミノアルファプラス公式HP

      バナー原稿 120×120 (120329)imp

      万田アミノアルファ

      万田酵素 肥料

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM